otaku-tokyo

 

ユーシン精機【東証一部上場】

ロボット業界情報

・FAロボット.com

・ロボットダイジェスト

・日本ロボット工業会

産業用ロボットの種類

垂直多関節ロボット

4~7軸。搬送から溶接や塗装、組立まで幅広い工程に導入されている。機械剛性が低いので高速で動かすと振動が発生する。

水平多関節ロボット

4軸。水平にしか動かないロボット。上下方向への合成は高く、水平方向に柔らかさを持っているので、部品の押し込み作業などに適している。

パラレルリンクロボット

4~6軸。複数モータの出力を1点に集中させるため、高精度・高出力であり、多関節ロボットでは難しいプレス加工に対応

直交ロボット

2~4軸。直交的な移動のみが可能であり、構造がシンプルな分、設計の自由度が高い。

産業ロボットの活用先

業界別

自動車40%、電子・電気・機械20%、化学8%、金属9%、食品3%

作業別

ハンドリング44%、溶接28%、組立11%、クリーンルーム7%、塗装4%、加工2%

ロボットビジョン

位置検出や検査のために産業用ロボットに取り付けるカメラのこと。カメラと画像処理システム

ユーシン精機とは

FA化の技術を活用し、お客様の課題を解決する

産業用ロボットの中でも特に直行ロボットを作っている

特に取り出しロボットに強みがある。あとは特注機(取り出し他製品に傷がないか画像で確認する機械・段ボボール締めした製品の運搬を補助する機械など)、部品・保守サービス(取り出しロボットの先端のアタッチメントなど)

別のメーカーが作っている射出成型機から出された部品を、ユーシン精機の取り出しロボットで別のレーンに移し替える。昔は、人がやっていたが、金型に手を挟んだり、やけどしたり、単純作業なので。。。

ファブライト経営(開発・設計はするが製造だけは他メーカーに受注している)

 

採用フロー

前提:リクナビでエントリー

4/26 オンライン説明会 (https://zoom.us/j/97439282576?pwd=NkFXZG5FVUJMak5uYUtvaHEyZFpiZz09 ミーティングID: 974 3928 2576 パスコード: 048976)

~ 4/30 ES提出(趣味・研究室・志望動機・思いについて・3年後の目標)

~ 5/2 適性検査(パーソナリティのみ受験してからテストセンターの予約をする)

~ 5/5 適性検査(言語・計数・英語)(T-GABであってSPIではない。)

5/8 書類選考

5/7 ~ 5/14 一次面接(学生最大3名、面接官2名のグループ面接)

5/15 ~ 5/21 二次面接(学生1名、面接官役員3 ~ 4名)

5/22 ~ 5/29 最終面接(学生1名、面接官社長2名)(全員京都本社で対面)

5月末 内々定

求める人物像

「次世代を見つめる想像力で、日本初のモノ作りに挑戦していきたい」という志と情熱を持った人

ポジティブ、積極性、オリジナリティ、国際性、協調性

説明会では「相手が喜ぶこと、本質を考え、粘り強く柔軟に考え、コミュニケーションを大切にする」と言っていた。この「」内に共感できることが大切らしい。

募集職種

開発(研究開発・機械開発・制御開発・プログラム)

設計(汎用機担当・特注機担当)⇒汎用機とは取り出しロボット、特注機はオーダーメイド。汎用機でもお客様のご依頼でアームを長くしたり、アームの本数を増やしたりとお客様の要望でカスタマイズする必要があるので、設計する必要がある

製造(製造管理・検査・生産管理)⇒外注したロボットの検査

他(品質管理、サービスエンジニア)⇒いったんロボットをご購入していただくと、10年以上使っていただくことが多い。そして、10年ご経ったとき、再びユーシン精機のロボットを買っていただけるかというと、ユーシン精機のロボットは一番高いので、価格競争に負けてしまう可能性がある。そこでロボットが壊れたときに点検してくれるサービスエンジニアを雇っている。地味に一番重要な仕事。