otaku-tokyo

 

構造計画研究所

一次面接で聞かれた事

どもって答えられなかったー絶対落ちたけど、次はその質問を答えられるようにしよう!

◆アルバイト以外でも課題に取り組み、解決したことを教えてください。⇒研究で新しい触感数値化手法を提案しました

・新しい手法で工夫した点はありますか⇒前の質問でここまで答えられれば良かった。従来手法は〇〇で、私は●●の方がいいと考え、新しい手法を提案し巻いた

・難しそうなテーマですが、なぜその研究テーマにとりくんだのですか⇒新しいやり方を見出すのにやりがいを感じたから。共同研究なのでやりがいがあると感じたからです

・共同研究はどういった感じで進めるのですか⇒企業主導ではなく、自分が主体的にすすめた。3カ月に1度ほど、自分の研究を提案し、それを承認してもらう形で進めました。

・共同研究をし、承認してもらう上で苦労された点はありますか⇒実益に焦点をあてて、答えるようにした

・実益に焦点を当てて答えるようにしたのは、フィードバックですか、それとも自分で考えましたか?⇒打合せするうえで自分で考えました

◆企業選びの軸は何ですか⇒研究分野が活かせることです。

◆当社以外にどんな企業を志望いていますか

・同業他社ではなく当社を選んだ理由は何ですか。⇒プログラミングの知識が活かせると感じたからです。

◆社員の雰囲気や社風、会社の雰囲気で魅力に感じた部分はありますか⇒素直な人が多いとこたえちゃった

◆その軸の上で、自分が将来がなりたい姿はありますか⇒システム開発の経験を活かして、お客様の要望に柔軟にこたえられる人になりたい

・製造分野のシステム開発でこういったものがあればいいと思うことはありますか⇒もっとユーザーが使いやすいCADがあればいいと感じました

・それはシステム開発ではなく、ソフトウェア開発という点ですか⇒そうですって答えちゃった。

・システム開発って小山さんにとってはそういうイメージですか⇒前3つの質問で、営業職兼ソフトウェア開発だと思われちゃった。やべー、落ちたとかんじた。

◆逆質問はありますか⇒座談会で聞いたから特にありません見たいに答えちゃった。企業に興味ないと思われたかも。

研究のガクチカ

取り組んだこと
織物の触感を数値化する研究に取り組みました。
なぜその研究内容を選んだのか(入社後もモチベーション高く働いてくれるか、その業界に通じる動機があるか)
その研究テーマは共同研究だったので、社会の役に立つという明確な目的がありました。そこにやりがいを感じたからです。
他の研究は社会に生かせることと関係なくおこなわれていますが、正直やりがいが感じられませんでした。
どんな目標を掲げ、課題は何だったのか(企業で苦労したとき乗り越えられるか。)
そして、学会発表を目指しました。
研究で苦労したことは、モチベーションの維持です。
最初は楽しかった研究も、1年以上続くとだんだんとモチベーションが落ちてきました。
課題に対しどう取り組み、結果はどうだったのか
そこで、やりがいを出す為に、従来とは異なる方法で触感を数値化するという目標を掲げました。
そして目標を達成するために先行研究などを数多く読み漁り努力しました。
(新しい触感数値化の方法を見つけ出すために、先行研究を数多く読み漁り、モノに触れて指先の神経から触感を得るという触感の本質について深く考えました。)
他にも、研究が思うように進まなかったりしたとき、研究内容に関して批判的なことを言われたとき、物事を悪いようにとらえるのではなく、自分が成長できるチャンスだと考えるようにしました。
(他にも、やりがいを出すために、毎日のノルマを計画し、ノルマができたらそれをメモすることで、モチベーションを保ちました。)
何を学んで、社会でどう生かすのか

研究では、「モチベーションが下がっても自分でやりがいを見出して、努力する」ことを学びました。

これを活かして、御社に貢献していきたいです。

研究のオリジナリティはどこか

自分が貢献した部分。
従来の研究と異なる方法で触感を数値化したことです。

従来の研究では、「触り心地の良い」織物がどのような粗さや材質なのかをセンサで測定するものでした。しかし、私はヒトが指先にある4つの神経を通じて触感を得ているという仕組みを利用したほうがより適切な評価ができると考えました。そして、織物の振動を測定し、周波数ごとに4つに分け測定しました。するセンサを自分の手で設計・制作・評価しました。

留年理由

質問の意図は人柄を知ることです。遊びすぎて単位を落とし留年した人、事故や病気の為やむを得ず留年した人、などでは印象が異なります。留年理由は言い訳せずに正直に伝えましょう。そして留年経験から学んだことを伝えること。それを入社後にどう生かしていきたいのか伝えましょう。

仕事したくないと現実から逃げていました。留年したことで、両親にも学費面で迷惑をかけ、深く反省しています。現在は、人生にはいいことだけでなく嫌なことも必ずついてきます。嫌なことがあったとき、それに逆らって現実から目を背けていても物事は良くならない。嫌なことがあったときは、自分を成長させることが出来ると考えることで楽しみを見出すことを学びました。本当に大切なことを学んだと感じています。社会人になっても、納期に追われて忙しいことや、自分のしたくない仕事をすることもあると思います。その時に、この経験を活かして高い意欲で業務に取り組みます

10年後の自分

10年後は、システム開発の経験を活かして、お客様の要望に柔軟に応えられる人になりたいです。

そう思うようになったきっかけは、学生時代のレジ打ちのアルバイトで、豊富な知識を活かして、お客様からの質問に答えること

入社後は、人の下で開発をしながら、CADやプログラミング言語などを用いて、様々なシステム開発の経験を積みます。(入社5年目までにチームリーダーとして、技術を高めていきます。)7~8年目になったら、プロジェクトマネージャーにチャレンジし、管理職としての仕事をこなすとともに、お客様の声を直接聞きご提案する営業をしたいです。

それまでのシステム開発の経験を活かし、お客様の役に立つことをやりがいとした環境に身を置くことを目指します。

企業選びの軸

自分の研究が活かせるかどうか。私は~~という研究を行っています ~~

自己PR(面接1分)(313文字)

1分という時間は、限られた時間の中で伝えたいことをまとめられるか、が評価ポイント。300文字が目安。
企業の求める人物像にあてはまる自分の長所を打ち出し、自分を雇うことへのメリットを提示する。

慶応義塾大学大学院の小山と申します。

私には問題を冷静に分析し、解決するために努力する力と高い意欲があります。
私は4年間、スーパーの婦人服売り場でレジ打ちのアルバイトを経験しました。
そして、レジ打ち業務の範囲外にあたる問題にも意欲的に取り組んできました。
例えば、セールの時間になるとレジに長蛇の列ができて、待つのが嫌でお会計を諦めてしまうお客様が現れます。
行列を解消するために、セール売り場から離れたレジにはお客様があまり並んでいないことに着目し、「こちらのレジもご利用いただけます」と書いたシールを社員の方に作って頂き、レジ周りに貼って頂きました。
御社でも、分析力と高い意欲を活かして、業務上での課題に取り組みます。

なぜレジ業務以外にもとりくんだのですか

レジ打ちの業務に誇りと愛着があったから。

志望動機(面接)

御社を志望した理由は二つあります。

まず、大学での研究を活かせるためです。大学では機械工学を専攻しており、織物の触感を数値化する研究を行っています。研究の過程ではセンサを自分の手で設計・製作・評価してきました。CADを用いて設計し、強度など、性能評価のシミュレーションすることは、御社の製造分野のシステム開発において欠かせないものです。そのため、研究を活かせる企業として、御社を志望致しました。

次に、プログラミング知識を活かせると感じた為です。私は、大学の研究でC++、Pythonといった言語や、機械学習といったものに触れてきました。研究外でもWebサイトの制作・運営やアプリ制作などを趣味として3年ほど行ってきました。機械設計だけでなくソフトウェア開発にも携わっている点に魅力を感じ、貴社を志望致しました。

もし貴社に入社致しましたら、私の研究姿勢でもある「新しい技術への挑戦」を活かして意欲的に業務に携わっていきたいです。

当社で何をしたいですか。

私は製造分野でシステム開発 もしくは 情報・通信分野におけるソフトウェア開発に携わりたいです。

そのように思った理由は、大学での研究分野を活かせるのではないかと思うからです。

大学では織物の触感を数値化する研究を行っており、その過程で触覚センサを自分の手で設計・製作・評価してきました。CADを用いて設計し、強度など、性能評価のシミュレーションすることは、御社の製造分野や建設分野において欠かせないものです。そのため、研究が活かせると考えました。

また、ソフトウェア開発に携わりたいと思った理由は、研究や研究外で行ったプログラミング技術が役立つと考えたからです。

大学の研究ではC言語、Python、機械学習に触れ。研究外でもPHPなどを用いてWebサイトの制作・運営、アプリ製作をしています。現在も、更なる知識を身に着ける為、勉強中です。

事業分野

建設分野:免震・耐震、防災・河川氾濫避難シミュレーション

情報・通信分野:電波伝搬解析ツール、通信網遮断時の情報収集・発信ツール

製造分野:製造プロセス、製造現場の改善を支援。特にCADをベースとしたシミュレーションやシステム開発に強みを持つ。(NAVVIS)。

意思決定・合意形成支援分野:社会の複雑現象に対して、ネットワークモデルをつくったり、シミュレーションを行う。

経営理念

将来像:賢慮にみちた社会(Wise Future)を目指し、有益な工学知を生み出し(新しい技術を生み出し)つづけること

産学ブリッジ:大学の知識が活かされてないからもっと生かそう

求める人物像

主体性(自負心):自分自身の力でやり遂げることに喜びを見出す。そしてその成果に対して誇りが持てるように取り組む。組織に使われるのではなく、組織を利用する。自分の価値は自ら作り出す。

愚直さ(かびゅう性):より高いレベルを目指し、一途にコツコツと努力する。目の前の課題に全力で取り組み、納得できるまで試行錯誤を繰り返し、よりよい答えを探し続ける。

共創性(冗長性):得意なものを出し合い、補い合って、最善を目指す。自分とは異なる知見を尊重する。人材・技術の多様性を尊重し、幅広いアプローチ手法をもつ

マイページ

マイページ:https://kke.snar.jp/mypage/message.aspx

マイページPass:Tozuka0102

エントリーID:KK00014578

携帯:08094118398

募集要項

職種:エンジニアリングコンサルタント、システムエンジニア、セールスエンジニア

勤務地:東京都中野区

採用情報:https://recruit.kke.co.jp/recruit/new/

採用フロー

~4/15 : 8:30

ES+適性検査20分

4/20:13:00~16:00

オンラインマッチングセミナー(オンラインor東京、選考なし)

3~4人の現場エンジニアや営業マンに、3~4タームで話をしてもらいます。

当日は選考ではないので私服(ジーンズ等 普段学校に行かれる服装)でお越しください。

時間割(例)
・13:00~13:20 事業紹介
・13:20~13:55 セッション1
・13:55~14:30 セッション2
・14:40~15:15 セッション3
・15:15~15:50 セッション4
・15:50~16:00 アンケート記入・自由質問タイム(適宜解散)

参加用URL:https://us02web.zoom.us/j/82232133962?pwd=ZU03dmxsYWFrbzBRSWZVMWpUeTBDQT09

ミーティングID:822 3213 3962
ミーティング用パスワード:648055

トラブル:03-5342-1340

4/21 10:40~11:10

オンライン一次面接

(学生1と役員2名)

参加URL:https://us02web.zoom.us/j/84366804664?pwd=T3MzVzdWVnpDcGpWdGFTT21XTzQvdz09

ミーティングID: 843 6680 4664
ミーティング用パスコード:763688

最初に1分程度の自己PRをしていただきますので、ご準備ください。
当日連絡先:不測の事態で遅刻・欠席する場合には必ず、メールでご連絡ください。(saiyou@kke.co.jp)

 

二次面接(学生1と役員2名)(前半は逆質問で自分の希望する働き方ができるか確認してください)+グループワーク+作文提出

人事との面談(選考なし、オンラインor対面だが、他意はなく自由に選択可能)

三次面接(対面での面接。東京で実施。学生1と役員数名)