otaku-tokyo

 

自己分析

マイナビ適性診断によると

自分の性格の強み

・緊張しやすいが、事前の準備を怠らない。失敗に対する恐怖が駆動力となり、ありとあらゆる可能性を検討し、事前に緻密な対応を用意する。突発的な出来事に対しての処理能力は低いが、物事を計画し手順化する能力にたけている。

・初めて会う人とは緊張して打ち解けて話すことが出来ないが、少数の親しい友達を大切にできる。初めての人にも物おじせずに話す開放的な性格ではない。物静かで控えめな行動をとる内向的な性格。

・リーダーシップを発揮しなければいけない場面には苦手意識があり、ストレスを抱く。

・マイペースというより努力志向。大きな目標に向かって努力できる。

・感情に流されず冷静に判断できる。人に思いやりを持つ共感タイプとは逆。

社会人基礎力

以下の3つを持っています。この3つをまとめると考え抜く力にたけていると言えます。

・計画力(課題の解決に向けたプロセスを明らかにし準備する力)

・状況把握力(自分と周囲の人々や物事との関係性を把握する力)

・課題発見力(現状を分析し問題や課題を明らかにする力)

 

以下の3つは不足しています。この3つをまとめるとチームで働く力と主体性に欠けていると言えます。

・ストレスコントロール力(愚痴をこぼすなどストレス発散の手段をもちましょう。)

・柔軟性がなく他人に自分の意見を押し付けている(自分と異なる意見を持つ人に対して、どうしてその意見なのか考えたり、直接聞いてみましょう。また、子供やお年寄り、異文化圏の人など、自分とは違う価値観、常識を持つ人と接してみましょう。)

・働きかけ力(複数人でないとできない目標を設定し、そのための仲間を見つけてみましょう。その際、協力を得るために有効な手段を10個以上上げる、「こんな人だったら協力したい」と思える人の特徴を上げてみましょう)

業界・職種適性

向いている業界

・精密・医療機器、官公庁、ソフトウェア・ネット関連、コンサルティング・調査

向いている職種

・証券アナリスト、法務・特許・審査、経理・財務・会計、調査研究・マーケティング、データサイエンティスト、ITコンサルタント、基礎研究、融資・資産運用マネージャー

チームの中でなりやすいタイプ

多い順に並べると、

司令塔、まとめ型、チームワーク型、コミュニケーション型、分析型、引張型、アイデアマン、実践型

自分は

独創的で創造的なアイデアを生み出すアイデアマンとみられる傾向がある。ただし、独創的な解説を考えすぎるあまり、実用性の分析が十分になされていないこともあるかもしれません。

社会で役立つ能力を身に着けられるもの

留学:語学力だけでなく、多角的な視点で物事・事象を考えられる力がみにつく

部活やサークルでの経験:1つの目的達成のために他人と協力し合いながら活動できる貴重な機会

学業:目の前のやるべきことにしっかり取り組める人

ボランティア:経験と知識、同じ目的を持って活動する仲間などお金では買えない貴重な財産が得られる

アルバイト:お金を稼ぐことの大変さを経験できる。接客に必要な言葉遣い、挨拶、マナーなども身につく