otaku-tokyo

 

Autonomic nerves and Temperature

季節の変わり目になると、体がダルくなる理由を説明いたします。

人間には、自律神経の働きによって体温を36℃程度に保つ機能が備わっています。

季節の変わり目になると気温が急激に変化します。

気温が変化しても体温が変化しないように自律神経が通常より活発に働きます。

その結果、通常よりエネルギーを多く消費する為、体が疲れるのです。