otaku-tokyo

 

SEO Tool

Schema.org

投稿ページはこちらのサイトを参考に構造化した

構造化データテストツールを使って確かめたところ、きちんと構造化されていた

Validator.nu (X) HTML5 Validator

Validator.nu(X)HTML5 Validatorは適切なHTMLタグが使われているか確認してくれるツール

ブルーアーカイブ速報のトップページをチェックしたところ、以下の改善点が見つかった

Error: link size=””

正しくはsizeではなく link sizes=””

 

Error: bodyタグ内にtitleタグやらlinkタグやらが2重に入っている

こちらのサイトでも同じ現象が起こったらしくheadタグ内の全角スペースが原因らしい

全角チェッカーで確認したがわからなかったのでheader.phpでのコメントアウトを全て消したら治った

 

Error: Element title not allowed as child of element head in this context

titleタグが複数回しようされていますよというエラー

自分で書いたtitleタグのあとにwp_head()でもう一回titleタグが自動出力されていた

wp_head()の設定はwp-includes/default-filters.phpに書かれてあるのでこのphpファイルを修正すればいいように見えるが

ここを修正してもWordPressの更新と同時にもとに戻ってしまう

そのため、wp_head()からtitleタグを消すにはfunctions.phpに以下のコードを記述するとよい

remove_action(‘wp_head’, ‘_wp_render_title_tag’, 1);

 

Error: Bad value https://api.w.org/ for attribute rel on element link:

WordPressで自動出力される<link rel=”https://api.w.org/”~>のタグはHTML5的に有効でないというエラー

そもそもこのタグはRestAPIという機能を呼び出すためのコードでありプラグイン開発の際に使用するものである

oembedやcontactform7はこのRestAPIを使用している

なのでこれらのプラグインを除きlinkタグを消去する

functions.phpに以下のコードを記述

//oembed・contactform7を除いてREST APIを無効
function deny_restapi_except_plugins( $result, $wp_rest_server, $request ){
$namespaces = $request->get_route();

if( strpos( $namespaces, ‘oembed/’ ) === 1 ){ return $result; }

if( strpos( $namespaces, ‘contact-form-7/’ ) === 1 ){ return $result; }

return new WP_Error( ‘rest_disabled’, __( ‘The REST API on this site has been disabled.’ ), array( ‘status’ => rest_authorization_required_code() ) );
}
add_filter( ‘rest_pre_dispatch’, ‘deny_restapi_except_plugins’, 10, 3 );

参考サイト:https://hacknote.jp/archives/36229/

 

Error: time datetime=””

<?php echo get_the_time(); ?> のechoが抜けてたからdatetimeが空になっていた

 

 

Error: Attribute loading not allowed on element img at this point.

WordPressで自動出力される<img loading=”lazy”>はグローバルではないが直す必要はない

 

Warning: value=”&#xf002;“/>

検索窓の虫眼鏡ボタンをFontAwesomeで表示していたが、キチンと表示できていなかった

× font-family: FontAwesome;

〇 font-family: “Font Awesome 5 Free”;

 

HTML チェッカー

HTMLチェッカーはHTMLのタグ閉じ忘れをチェックしてくれるGoogle拡張機能

ブルーアーカイブ速報のトップページをチェックしたところ、テキストウィジェットに余分なpタグや&nbsp;が追加されていることを発見した

テキストウィジェットの自動段落追加機能を削除するにはfunctions.phpに以下のコードを記述する

remove_filter(‘widget_text_content’, ‘wpautop’);

Nibbler

NibblerとはWEBサイト分析ツール

ブルーアーカイブ速報のトップページをNibblerで分析してみたら以下の改善事項が見つかった

0.0 Printability

記事印刷用のcssがないという評価

functions.phpに以下のコードを記述してprint.cssを読み込む

最後の配列要素は<link media=”print”>に対応している

wp_enqueue_style( ‘print’, get_template_directory_uri() . ‘/print.css’, array(), ”, ‘print’ );

print.cssを新規作成し、以下のコードを記述

文字サイズ単位はptに直し、ヘッダーやサイドバー、フッターは削除する

.article{ font-size: 11pt; }

.article h1{ font-size: 20px; }

.article h2{ font-size: 16pt; }

.header, .sidebar, .footer{ display: none !important; }

.main{ float: none; width: auto; }

 

5.4 Amount of content

コンテンツ量が少ないという評価

無料版の場合はトップページのみ評価される

記事一覧に表示される記事数を増やしたり、抜粋まで載せれば評価が上がる

10記事→20記事に増やした

大体50記事で9.0を超えるが、コンテンツ量とサーバー不可との兼ね合いをうまくとる必要がある

 

7.5 Internal links

aタグを使用する場合はテキストを含めないといけない

画像にaタグを使用する場合はaltタグを含めないといけない

ブルーアーカイブ速報ではSNSボタンをアイコンで表示していたため、テキストがなかった

そのため、SNSボタンをテキストに変えた