otaku-tokyo

 

Straight Neck & Arched back

ストレートネックとは

体重の10%もの重量がある頭を支える為、首には緩やかな湾曲がある。しかし、首を前に出した姿勢をし続けることによって、首がまっすぐになってしまう。この状態をストレートネックという。

ストレートネックの与える影響

頭の重心がそのまま首の骨にかかるため、首周りの筋肉に大きな負担がかかる。結果、肩こりがおこる。また、首周りの神経にも負担がかかるため、自律神経の不調による精神障害、頭痛やめまいがおこる。

ストレートネックの治し方

次の①~➂を朝晩、1カ月間続けることでストレートネック改善の効果が期待できる。

①あご押し体操

STEP1:背筋を伸ばして正面を向き、あごをひく。

STEP2:顎に手を置き、頭ごと動かすように顎を後ろへ押す。

STEP3:押した後の首の位置をキープしつつ手を離し、天井を見上げるよう首を上へあげて5秒間キープ。

STEP4:STEP1~STEP3を2~3回繰り返す。(1日何回でもやってOK)

②首動かしストレッチ

STEP1:背筋を伸ばしてあごを引き、正しい姿勢を意識する。

STEP2:その状態でゆっくりと右に首を倒す。このとき呼吸は止めないようにする。

STEP3:今度は左にゆっくりと首を倒す。倒し終わったら正面に戻る。

STEP4:次に、目線を水平にしたまま首だけ右へ水平に動かす。このとき、上半身は正面を向いたまま、鼻先を自分の真横に持ってくるようなイメージで動かしてください。首をかしげないように注意してください。

STEP5:今度は左へ横向きに動かす。真横を向き終えたらゆっくりと正面に戻る。

このストレッチによって首の前と後ろの筋肉を動かせる。

➂フェイスタオルストレッチ

STEP1:両手でタオルの端を持ち、首の後ろにあてる。

STEP2:頭を後ろに軽く倒しつつ、両手を斜め上に引っ張る。このとき、タオルを前に強く引っ張ったまま、首を後ろへ倒すイメージで行ってください。

STEP3:その状態のまま、ゆっくり顎を引いて、顎をのどに引き付けたところで5秒間キープ。

STEP4:STEP1~STEP3を5回繰り返す。

ストレートネックの再発予防法

スマホやパソコンを使う際は、画面を顔と同じ高さかやや下まで上げること。

猫背とは

猫背とは、肩が内側にきて背中が丸まってしまう状態のこと。背中や肩甲骨の筋肉を鍛えることで改善できる。

猫背の治し方

STEP1:まずは、あごを引き&頭を下に向け、両手を前に伸ばしていきます。その姿勢で10秒間キープ。肩甲骨を伸ばすことを意識してください。また肘は肩と同じ高さでキープしましょう。

STEP2:次に、頭を正面に向け、その状態で肘を身体の後ろに向かって引いていきます。肘をひききったら、その姿勢で10秒間キープ。肘を引くときに、肘の高さが下がらないように注意してください。

STEP3:最後は、先ほどの状態から肘の高さは変えずに、そのまま手の平を正面に向けていきます。その姿勢で10秒間キープ。このときにも、肘の高さが下がらないように注意してください。

STEP4:STEP1~STEP3を3回繰り返す。

猫背の再発防止法

椅子に座るときはお尻を一番後ろまで引く。顎を引いて背筋を伸ばし、肩の力を抜いてリラックスする。ひじは肘掛におき90°になるよう心掛ける。机といすの間が開き過ぎないように調整する。